大学入試|英語 構文解釈問題3 難関大志望者への挑戦

開いた英語のテキスト 構文解釈
この記事は約4分で読めます。

大学受験を目指す方向けの構文を見抜く問題です。

難易度:★★★★★

隣の芝
隣の芝

自己紹介

  • 非常勤+専任の私立教員歴は約15年!
  • 担任は10年以上経験! 修学旅行の準備・引率、大学受験の指導経験もあり
  • 教科は英語海外への引率経験もあり
  • 校務分掌教務、進路、広報、生活指導、生徒会を経験!

英文

次の英文を構文・文法を意識して精読しましょう。

Never before has the gap between the rich and the poor been so wide in our society. Is it through *equitable policies that we can effectively address income *disparity? Social programs, such as affordable housing and accessible healthcare, have been made use of to achieve the end of reducing inequality.

*equitable:公平な
*disparity:格差

PR

和訳

私たちの社会で、これほど裕福層と貧困層の間の格差が広がったことはありません。収入格差に効果的に対処するのは、公平な政策を通じてでしょうか。社会プログラム(例えば、手頃な価格の住宅提供やアクセスしやすい医療)は、不平等を減らすという目的を達成するために活用されています。

文構造・文法・熟語の解説

文構造の解説

Never before has the gap between the rich and the poor been so wide in our society.

  • 主語: the gap between the rich and the poor
  • 動詞: has been
  • 補語: so wide
  • 副詞句: in our society
  • 倒置: 否定語「Never before」が文頭に来ることで、通常の語順「The gap between the rich and the poor has never been so wide in our society」が倒置されています。

Is it through equitable policies that we can effectively address income disparity?

  • 強調構文: it is … that
    • 強調: through equitable policies
  • 主語: we
  • 助動詞: can
  • 動詞: effectively address
  • 目的語: income disparity

Social programs, such as affordable housing and accessible healthcare, have been made use of to achieve the end of reducing inequality.

  • 主語: Social programs
  • 挿入句: such as affordable housing and accessible healthcare
  • 動詞: have been made use of
  • 目的: to achieve the end of reducing inequality
  • 受動態: 「make use of」が受動態で「have been made use of」として使われています。

英文法の解説

  1. 否定語を文頭に置いたときの倒置
    • Never before has the gap between the rich and the poor been so wide in our society.
    • 否定語「Never before」が文頭に置かれることで、主語と助動詞の語順が倒置されています。
  2. it is … thatの強調構文の疑問文
    • Is it through equitable policies that we can effectively address income disparity?
    • 「it is … that」の強調構文を使って、「through equitable policies」を強調しています。
  3. 熟語を受動態で使う
    • Social programs, such as affordable housing and accessible healthcare, have been made use of to achieve the end of reducing inequality.
    • 熟語「make use of」(利用する)が受動態で使われ、「活用される」という意味を持たせています。
  4. endを「目的」の意味で使う
    • achieve the end of reducing inequality
    • 「end」が「目的」の意味で使われています。

次につながる勉強をしよう!

お疲れさまでした。

コツコツとこれからも頑張っていきましょう!

自分の知識だけを頼りにすると偏りが出てしまいます

バランスよく英文を作るために参考にしています

自分自身が勉強になった構文問題集です

コメント