大学入試|英語 構文解釈問題6 難関大志望者への挑戦

英語を勉強している生徒 構文解釈
この記事は約3分で読めます。

大学受験を目指す方向けの構文を見抜く問題です。

難易度:★★★☆☆

隣の芝
隣の芝

自己紹介

  • 非常勤+専任の私立教員歴は約15年!
  • 担任は10年以上経験! 修学旅行の準備・引率、大学受験の指導経験もあり
  • 教科は英語海外への引率経験もあり
  • 校務分掌教務、進路、広報、生活指導、生徒会を経験!

英文

次の英文を構文・文法を意識して精読しましょう。

Taking a break from studying is no more a waste of time than sleeping is, as both are essential for mental health. Without rest, students can become stressed and less effective in their studies, leading to poorer performance. Were they to ignore breaks entirely, their overall well-being would likely suffer significantly.

PR

和訳

勉強の休憩を取ることは、睡眠が無駄ではないのと同様に、時間の無駄ではありません。どちらも精神的健康にとって重要です。休息なしでは、学生はストレスが溜まり、勉強の効果が低下し、より成績が悪くなる可能性があります。もし彼らが休憩を完全に無視したら、全体的な健康が大幅に悪化するでしょう。

文構造・文法・熟語の解説

文構造

Taking a break from studying is no more a waste of time than sleeping is, as both are essential for mental health.

  • 主語: Taking a break from studying
  • 動詞: is
  • 補語: no more a waste of time than sleeping is
  • 接続詞: as
  • 形容詞: essential for mental health

Without rest, students can become stressed and less effective in their studies, leading to poorer performance.

  • 前置詞句: Without rest
  • 主語: students
  • 動詞: can become
  • 補語: stressed and less effective in their studies
  • 分詞構文: leading to poorer performance

Were they to ignore breaks entirely, their overall well-being would likely suffer significantly.

  • 仮定法過去完了(if節の省略): Were they to ignore breaks entirely
  • 主語: their overall well-being
  • 動詞: would likely suffer
  • 副詞: significantly

文法・熟語の解説

  1. if節が省略された仮定法:
    • Were they to ignore breaks entirely
    • “If they were to ignore breaks entirely” の if節が省略された形。仮定法過去完了を表している。
  2. break:「休憩」という意味。
    • 文中では “Taking a break from studying” の形で使用されている。
  3. no more … than: 「…と同様に~ではない」という意味の熟語。
    • 文中では “no more a waste of time than sleeping is” として使用されている。

次につながる勉強をしよう!

お疲れさまでした。

コツコツとこれからも頑張っていきましょう!

自分の知識だけを頼りにすると偏りが出てしまいます

バランスよく英文を作るために参考にしています

自分自身が勉強になった構文問題集です

コメント