大学入試|英語 構文解釈問題7 難関大志望者への挑戦

勉強に悩んでいる高校生 構文解釈
この記事は約5分で読めます。

大学受験を目指す方向けの構文を見抜く問題です。

難易度:★★★☆☆

隣の芝
隣の芝

自己紹介

  • 非常勤+専任の私立教員歴は約15年!
  • 担任は10年以上経験! 修学旅行の準備・引率、大学受験の指導経験もあり
  • 教科は英語海外への引率経験もあり
  • 校務分掌教務、進路、広報、生活指導、生徒会を経験!

英文

次の英文を構文・文法を意識して精読しましょう。

Such is the intelligence of dolphins that they can solve complex problems and communicate effectively. They often swim alongside schools of fish, using sophisticated sounds to coordinate their movements. There will be no less than 40 species of dolphins in the future, provided their habitats are protected from pollution.

PR

和訳

イルカの知能はとてもすごいので、複雑な問題を解決し、効果的にコミュニケーションをとることができます。彼らはしばしば魚の群れと一緒に泳ぎ、洗練された音を使って動きを調整します。もし彼らの生息地が汚染から守られているなら、将来40種ものイルカが存在するでしょう。

文構造・文法・熟語の解説

文構造

Such is the intelligence of dolphins that they can solve complex problems and communicate effectively.

  • 主語: the intelligence of dolphins
  • 述語: is
  • 補語: such that they can solve complex problems and communicate effectively
  • 文法構造: Such is + 主語 + that + 補語
  • 解説: この文では、”Such is ~ that…” 構文が使われています。この構文は、「~はとてもすごいので…」という意味を持ち、主語の特性を強調しています。この場合、イルカの知能が非常に高いことが強調されています。

They often swim alongside schools of fish, using sophisticated sounds to coordinate their movements.

  • 主語: They
  • 述語: swim
  • 補語: often alongside schools of fish, using sophisticated sounds to coordinate their movements
  • 文法構造: 主語 + 述語 + 補語 (現在分詞句)
  • 解説: この文では、”using sophisticated sounds to coordinate their movements” という現在分詞句が使われています。この句は動詞を修飾し、「洗練された音を使って動きを調整しながら」という意味を付加しています。

There will be no less than 40 species of dolphins in the future, provided their habitats are protected from pollution.

  • 主語: no less than 40 species of dolphins
  • 述語: will be
  • 補語: in the future, provided their habitats are protected from pollution
  • 文法構造: 主語 + 述語 + 補語 + provided (従属節)
  • 解説: この文では、”no less than” が「~もの多くの」という意味で使われています。また、”provided” は「もし~なら」という条件を表す接続詞です。この場合、「彼らの生息地が汚染から守られているなら」という条件がついています。

文法・熟語解説

  1. Such is 主語 that …:
  • この構文は、「主語はとてもすごいので…」という意味を持ち、主語の特性や状態を強調します。
  • 例えば、”Such is his talent that he won the competition easily.”(彼の才能は非常に素晴らしいので、簡単に大会で優勝しました)のように使います。
  1. no less than:
  • この表現は「~もの多くの」という意味を持ち、多くの数や量を強調します。
  • 例えば、”She has read no less than 50 books this year.”(彼女は今年、50冊もの本を読みました)のように使います。
  1. school of fish:
  • この熟語は「魚の群れ」を意味し、魚が群れを成して泳ぐ様子を指します。
  • 例えば、”We saw a school of fish swimming near the coral reef.”(サンゴ礁の近くで魚の群れが泳いでいるのを見ました)のように使います。
  1. provided:
  • この接続詞は「もし~なら」という条件を示します。
  • 条件付きの文脈で使われ、例えば、”You can use my car provided you return it by 6 PM.”(午後6時までに返してくれるなら、私の車を使ってもいいよ)のように使います。

次につながる勉強をしよう!

お疲れさまでした。

コツコツとこれからも頑張っていきましょう!

自分の知識だけを頼りにすると偏りが出てしまいます

バランスよく英文を作るために参考にしています

自分自身が勉強になった構文問題集です

コメント