2021年6月 | 隣の芝の雑学

2021-06

学校の先生の仕事

個人旅行より修学旅行の方が良いこと

旅行は個人や少人数で行くほうが,小回りがききます。ただ,団体旅行だからできるメリットもあります。今回は個人旅行にはない,修学旅行だからこそ味わえる利点を紹介していきます。
学校の雑学

模試の判定はどう決められている?大学の受験計画,志望校の決め方も紹介!

模試を受験する際にA判定,B判定,C判定,D判定,E判定などと受験校,受験方式ごとに判定が出ます。漠然とAは良い判定とわかっているものの,そのからくりはわからないことも多いです。判定の線引きについて書いてみました。受検計画や志望校の決め方についても触れています。
学校の先生の仕事

学校の教員に能力給を入れることはできないのか?

学校の教員の給与は年功序列が多いですが,能力給にするとどうなるのか考えてみました。
学校の先生の仕事

高校の修学旅行の時期は1年のうちいつが良い?

高校の修学旅行の時期を検証。2学期か3学期に行くことが多い。事前学習や班決めをするため、1学期中の実施は難しい。3年生は受験があるので難しい。天候の影響が少ない時期、交通手段、宿泊施設を確保できる時期になる。定期試験の直前は避け、部活の大会がない時期にする。
高校生への英語知識・学習法

英語は「人に~させる」という表現が多い!?

英語は人にさせるという表現が日本語に比べて多いです。物事がドキドキさせるという表現です。物など無生物が主語になるのが日本語ではあまりありません。英語の特徴で無生物主語という文法事項があります。他動詞を使った例より使役動詞の例の方が日本語にマッチするかもしれません。
高校生への英語知識・学習法

【高校生向け】英語の未来を表す表現はどう使い分ける?単純未来編

英語の単純未来について例文を用いて網羅的に説明をしました。それぞれ確信の度合いや,どれだけ起こりそうと思っているかによって使う表現が変わります。未来形はないと言われ、未来時制とも言いません。現在形、過去形とは特徴が異なります。時制の一致も未来表現にはありません。英作文をするときの参考になればと思います。
学校の先生の仕事

年間の時期ごとに変わる学校教員の仕事内容(2・3学期編)

年間の時期ごとに変わる学校教員の仕事内容で、今回は2学期以降の紹介。2学期は文化祭,体育祭、入試説明会の準備や開催をしながら、定期テストの作問、採点などを行う。3学期は生徒の受験指導、自校の入試、定期テスト、卒業式などがある。冬休みは年末年始に休めるが、春休みはほとんど休みがない。
高校生への英語知識・学習法

英語の勉強に文法はいらない?

英語の勉強に文法はいらないという声もあります。
スポンサーリンク