学校の先生の仕事
学校の先生の仕事

子供のほめ方と共通点が!悩んでいる生徒の相談、学校のクレーム対応

子供のほめ方のコツと生徒相談やクレーム対応の共通点を紹介します。生徒相談は不登校ぎみ、クラスや部活の友達など人間関係、成績が伸び悩んでいるなど様々です。子供の話を無条件に話を受け止める点が共通していました。子供の感情に寄り添う点はクレーム対応マニュアルにありました。怒ってクレームをする人は癇癪を起した子供に似ています。
学校の先生の仕事

スポーツのコーチングから学ぶ、高校生への勉強の教え方

先生と生徒のコミュニケーションの側面から指導法を考えます。主体性を育む教育、ファシリテーターとしての教員といったテーマに向き合う一つの手法としてコーチングがあります。基礎が不十分な人は知識や技術のティーチングが大切です。叱るのは手を抜いた時だけです。生徒同士で振り返って本当に受験を団体戦にする手法もあります。
勉強のワンポイント・アドバイス

将来の進路が決まらない中高生が意識すること|仕事は選ぶ時代ではない?!

高校生は将来の職業をどうすればいいかわからないと悩むかもしれません。今ある仕事は将来なくなるかもしれまえん。Society5.0やメタバースにより学校教育も変わるでしょう。学校での一斉授業は仮想空間で行われて、先生はファシリテーターになるかも。AIに十分な情報が取り込まれれば、人間より有能なアドバイスができるかも。
スポンサーリンク
勉強のワンポイント・アドバイス

大学の推薦入試で使う志望理由書の書き方|よくある落とし穴も紹介

大学の指定校推薦、公募推薦、総合型選抜で志望理由書を求められることが多いです。主な書き方と構成を触れつつ、添削の際によく修正する点を説明します。自己推薦書との違いも解説!具体例は受験生の本気度を確認するために非常に重要です。具体例を多くすると字数オーバーになるので、相手が共感し納得してもらえるような話に絞ろう。
学校の先生の仕事

雑談はいらない?授業中の上手な雑談のコツ

授業中の雑談のネタの作り方を紹介します。授業中の雑談は、学力向上、モチベーションアップ、気分転換などプラスの効果があるときに行いたいです。具体的な方法として、エピソードを入れ込む、生徒を先生のようにして周りが質問する、クローズドクエスチョンと使うということをあげました。
学校の先生の仕事

学校でのコピー機・印刷機の使い方|先生が使える便利機能

コピー機と印刷機の違いや便利な機能を説明します。印刷機はインク代が安い代わりに製版マスタが高くつきます。コピーの便利な機能は、ページ番号をふるアノテーション、製本機能があります。原稿をまとめて1枚にする方法、余白なしの原稿のコピーの仕方もご紹介。印刷機はグレースケールがうまくいかないことがあります。
学校の先生の仕事

これが実際の環境!学校のおかしい労働の解釈|働き方改革なんて遠い未来

学校の教員は残業代が出ない。労働基準法で運用すべき私立の教師でも同じです。なぜ違法にならないかというと,全て校長の命令ではなく,自主的な労働と位置づけているから。部活動手当など残業代より安く済ませることも。タイムカードで時間のデータを取っても活用しません。現場の人間以外,結局は他人事なので何とかしようとは思いません。
学校の先生の仕事

部活で使う領収書の作り方【Excelとwordで時短】

部費の会計処理で領収書を差し込み印刷で作成する方法です。コピペできる書き方テンプレートも載せておきました。年に何回も作成しなければいけないときも,ちょっとした作業ですぐに作れるのでかなりの時短になります。カンマを入れる際は少し編集が必要なのでその方法も紹介しています。返金をする時の管理にも使えるでしょう。
勉強のワンポイント・アドバイス

なぜ勉強はやる気が出ないのか|やる気を出す方法とは?

スマホと違って、勉強のモチベーションは上がらない。なぜでしょうか。スマホゲーム、SNSは利用者に使い続けてもらうよう、運営側が仕組みを考えています。また勉強は成績をとらないと進学できないなど義務があります。そんな違いがある中で勉強のやる気を出す方法を紹介します。とにかく始める、勉強する場所に移動するなどがあります。
学校の先生の仕事

夏休みに学校の先生は何をしているのか?そもそも,生徒の夏休みってなんであるの?

夏休みはなぜあるのか。生徒のリフレッシュが一番の理由だと思います。その夏休みもだんだん短くなった。学校での夏期講習,部活で生徒は登校します。中には部活の時間が長かったり,毎日活動があったり,多すぎと思うことも。生徒の夏休みと異なり,教員の勤務は通常通りです。事務仕事,授業準備をします。
スポンサーリンク