学校の雑学
学校の雑学

職場でも義務化の障害者への合理的配慮とは |発達障害の実例を検証

厚生労働省や内閣府は障害者へ合理的配慮をするよう発信しています。無理なくサポートをするのが趣旨です。民間事業者も義務化されました。診断名は様子を理解する上で必要なこともありますが、思い込みは禁物。また、環境や体調によって特徴が出やすさが変わります。ケーススタディは全てを行うのは難しいかもしれません。参考程度に。
学校の雑学

徹底推察!大学の入学金が戻ってこないのは何で?

複数の大学を一般入試で受験すると合格発表日と入学手続き締切日のスケジュールによって、入学金を支払わなければいけませんことがあります。入学しない大学に入学金が戻ってこない主な理由は入試・広報にお金がかかっているからかもしれません。パンフレット、大学案内、説明会、広告掲載、交通費、郵送費など広報活動にお金がかかります。
勉強のワンポイント・アドバイス

高1生必見!大学入試で内申点は必要?高校入試との違いは?

高校入試と大学入試の違いを述べていきます。大学入試で使う学校の成績や評定平均は高校1年生から算入されます。高校受験は中学3年生だけ内申点のことが多いですね。大学入試は皆勤によるメリットも薄そうです。大学入試は生徒会長や部長などの肩書だけでは弱いです。成績別、個別に併願優遇制度はなさそうです。
スポンサーリンク
学校の雑学

大学入試|なぜ推薦や総合型選抜は年内に実施して、専願が一般的なのか?

推薦や総合型が単願の入試になるのは経営的な理由が大きいです。大学は収容定員が決まっており、安定的な経営をするために、ギリギリまで入学者数を確保したいです。年内の入試で確実に入学する数を確定し、年明けの一般入試の合格者数の準備をします。大学の学費収入には限りがあるので、できるだけ定員を満たすようにします。
学校の雑学

高校の事務職員の仕事内容を少しだけ紹介!

学校の事務職員の役割は電話対応,書類管理,設備物品管理,会計などの業務を担っています。残業も多く,きつい仕事と言えます。忙しいゆえに,態度が悪いと思われることも。正職員だけでなく,アルバイト,契約社員の方も努めています。しかし,夏休みは学校教育が止まるので,少しゆとりもあるようです。
学校の雑学

【真相追及】大学受験は学校を休むと落ちるのか?

受験勉強に学校の授業が邪魔で休むかもしれません。ただ,基礎を理解していない人はまずは学校の勉強をしっかりやりましょう。理由は入試問題は基礎の組み合わせによって難易度を上げているからです。学校の普段の授業を志望校別に展開することは難しいです。だから,学校では多くの生徒が必要な基本を扱うのです。
勉強のワンポイント・アドバイス

将来の進路が決まらない中高生が意識すること|仕事は選ぶ時代ではない?!

高校生は将来の職業をどうすればいいかわからないと悩むかもしれません。今ある仕事は将来なくなるかもしれまえん。Society5.0やメタバースにより学校教育も変わるでしょう。学校での一斉授業は仮想空間で行われて、先生はファシリテーターになるかも。AIに十分な情報が取り込まれれば、人間より有能なアドバイスができるかも。
学校の先生の仕事

雑談はいらない?授業中の上手な雑談のコツ

授業中の雑談のネタの作り方を紹介します。授業中の雑談は、学力向上、モチベーションアップ、気分転換などプラスの効果があるときに行いたいです。具体的な方法として、エピソードを入れ込む、生徒を先生のようにして周りが質問する、クローズドクエスチョンと使うということをあげました。
学校の先生の仕事

これが実際の環境!学校のおかしい労働の解釈|働き方改革なんて遠い未来

学校の教員は残業代が出ない。労働基準法で運用すべき私立の教師でも同じです。なぜ違法にならないかというと,全て校長の命令ではなく,自主的な労働と位置づけているから。部活動手当など残業代より安く済ませることも。タイムカードで時間のデータを取っても活用しません。現場の人間以外,結局は他人事なので何とかしようとは思いません。
勉強のワンポイント・アドバイス

なぜ勉強はやる気が出ないのか|やる気を出す方法とは?

スマホと違って、勉強のモチベーションは上がらない。なぜでしょうか。スマホゲーム、SNSは利用者に使い続けてもらうよう、運営側が仕組みを考えています。また勉強は成績をとらないと進学できないなど義務があります。そんな違いがある中で勉強のやる気を出す方法を紹介します。とにかく始める、勉強する場所に移動するなどがあります。
スポンサーリンク